地球民家 

- 自然生態系住宅 - 

地球民家
家には思い出が宿る
だから古くなると美しくなる
伝統を受け継ぎ現代に生きる

地球民家のコンセプト

単に高級ということではなく、また安ければいいということでもない。 流行を追うのではなく、本質的に価値あるものをよしとする。それが地球民家のコンセプトである。

地球民家というライフスタイル

 私たち日本人が飛騨高山の合掌造りや京都の町家に接したとき、まだ一度も暮らしたことのない懐かしさや安らぎを感じる。これは時間の経過の中で整理され完成されてきたものだけがもつ強さを、無意識のうちに感じるからではないか。

 不思議なことにシェークスピア劇の舞台である中世イギリスの古民家や、ピノキオに登場するイタリアの職人たちが暮らす町家に入ったときも、同じような懐かしさや心にしみる力強さを感じるのである。これはに織り込まれた人が本能的に持つ奥深いバランス感覚と、永遠なものへの渇望、美しいモノへの衝動、木材のもつ温もりへの欲求、自然な材料だけが発するリズム安らぎを感じ取るからではないか。

 むきだしの梁や柱から感じ取るリズム感や力強い安心感は、伝統性に対する根強い支持であり、私たちひとりひとりの中に民家の系譜に対する共鳴としていき続けてきたものであろう。

 太平洋戦争後の絶望的な住宅不足の中で、新建材や科学製品に囲まれた生活を長く続けてきたわれわれ日本人が、やっと豊かになり、ゆったりとした時間の中で改めて気が付いたのが、自然なものと暮らすことへの共鳴であり、日本の伝統への憧憬である。

 まだ間に合う、本当に豊かな人生をもう一度考え、生き直すことができる。もっと自然に、もっと安らかに、もっと美しく人生をもう一度生き直すことができる家、それが「地球民家」である。

地球民家の世界

地球民家が一番美しく見えるのは、家具もインテリアも何もない空間である。構造だけの空間である。古今東西、古い民家はシンプルである。ものがない空間が美しいこと、これこそが地球民家の魅力。質素な豊かさ、素朴な素材だからこそ、長い長い時間を超越して美しくあり続けられるのだ。

時を紡ぐ地球民家

 なぜ地球民家は国産のムク材や木製サッシにこだわるのか。それは、自然素材は時間とともに味わいという品質を増していくからである。地球民家は時を経るほどに庭の樹木と調和し古びることによって表情が豊かになるのだ。プラスチックやアルミニュームのような環境負荷の大きい材料はできるだけ使用したくない。日本の山を守るために、できるだけ国産材を使いたい。

 そして、10年後は10年の、100年後は100年の美しさを持ち、更に解体するときにも差材が土に還っていく、地球の自然生態系に優しい家でありたい、それが「地球民家」である。

セルフビルドという発想

 「楽しみながら暮らす」これ以上の豊かな住生活はないのではないか。「地球民家」はライフスタイルやライフサイクルに合わせて間仕切りが動かせる可変性を持っている。

 これは日本の民家が持っていた偉大な機能である。隔てているようで隔てていない。家族の気配を感じて暮らす、全体が大きな一つの部屋。それが何代にもわたって住み継ぐことのできる「地球民家」である。

地球民家リンク

地球民家あすみ住宅研究会


<詳しい資料をご希望の方は、こちらからお申し込みください>

お名前
郵便番号 半角入力:例 012-3456
ご住所 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス 半角入力
コメント欄