家庭内事故を防げ! 

交通事故死よりも2700人も多い【家庭内事故死】とは? 

住宅とは、そこに住む家族を安全に快適にするために存在します。
ところがそんな住宅が突然、人間に牙を剥くことがあります。

その一つが【家庭内事故】です。

家庭内事故とは、家の中の何かが原因となって起きる転倒、転落、窒息といった事故の総称です。

 

『家の中の事故なんてそんなに起きるの?』

 

私も始めはそう思っていました。ところが実際の数字を見てビックリ!
厚生統計協会の発表している平成17年の家庭内事故による死者12,781人なのですが、同じく交通事故の死者数を見てみると10,028人

 

なんと、交通事故よりも家庭内事故で亡くなる人の方が約2,700人も多いんです!これには驚いてしまいました。

 

最近飲酒運転による事故が多発してニュースになりましたが、その交通事故よりも恐ろしい家庭内事故がなぜかマスコミには取り上げられません。

建築に携わる私でさえ知らなかったんですから一般の方が知ることはなかなかないと思います。

 


 

 

この家庭内事故の原因で一番多いのが『浴槽内での溺死及び溺水』で、3,281人にも上ります。

『えっ?お風呂で溺れて亡くなるの?ということは子供かな?』

と思ってしまいますが、年齢別の死者数を見ると、0歳~14歳までの死者数はわずか44人、一方65歳以上の死者数は2,866人にも上ります。

 

 

そうなんです。交通事故よりも死者数の多い家庭内事故の最も多い原因は

『65歳以上の方のお風呂での溺死』なんです。

 

 これは家の中の温度差によって血圧が急激に変化することによって、浴室で意識を失うのが原因なのだそうです。

特に冬場、暖かい居間から寒い廊下、そしてお風呂から温かいお湯につかる、という急激な温度変化が体に一番悪いのです。この温度差による体内の変化を『ヒートショック』といいます。

 

私たちの住む岩手県は、冬は氷点下になることも多い地域です。家の中の温度差も大きくなりますので『ヒートショック』を起こす可能性も高くなってしまいます。寒冷地で家づくりを行う工務店として、家庭内事故を無くす家づくりが重要なことを改めて実感しました。

 

[ヒートショックを起こさない、『温度バリアフリー住宅』とは?(ecoハウス研究会)]

そこで、この家庭内事故について詳しく知って頂くためのガイドブックをご希望の方にプレゼントしています。

[ヒートショックを起こさない、『温度バリアフリー住宅』とは?(ecoハウス研究会)]というA5判 48ページの小冊子です。

ヒートショックを防ぐには、お風呂に暖房器を付けるとか、一番風呂にはなるべく入らない、といった対策がありますが、最もいいのは[温度差のない家を造る]ことです。

その温度のバリアフリー化を実現した住宅を手に入れるための秘訣をこの本には詰め込んであります。 

ご希望の方は下のフォームに必要事項をご記入の上送信して下さい。その際、メッセージ欄に『今のお住まいの悩み』を一言書き加えて頂けると嬉しいです。 

自分たちが建てた家で家庭内事故が起こる・・・想像するだけでゾッとします。少しでも多くの方の家づくりの参考になればと考えています。

 


お名前
郵便番号 半角入力:例 012-3456
ご住所 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス 半角入力
コメント欄