丸已建設を知るページ 

2009年度建設業新分野受賞 

建設業新分野・新事業フォーラムが16日開かれました

%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B.JPG

県では、建設企業の経営体質の強化への取組み意欲を喚起し、新分野・新事業への進出、新技術・新工法の開発などへの先進的・意欲的な取組みの中で、雇用効果が高いもの、事業の継続性や将来の発展可能性があるもの、地域経済社会への貢献が認められるものなどを表彰しています。
その結果、丸已建設も【優秀賞】を受賞することになりました。

DSC_0135.JPG

平成21年度「建設業新分野進出」受賞作品

●取り組みの概要
 何世代も住み継がれた伝統民家の知恵が示すように、梅雨があり、夏高温多湿・冬低温乾燥で地震国という日本の気候風土は本来は、家を長持ちさせるための木部の通気性確保のため冬対応を切り捨てなければならないという特性をもっています。夏冬両用の高性能住宅にするには、耐久性のために万全を期す必要があります。 「自然エネルギーを活用する」地熱活用住宅は、日本伝統民家の気候風土に適した知恵の意味を明確にして、現代の技術力でその知恵を甦らせたものである。また、北欧住宅の知恵の本質である「外界からの遮断」を活かしつつ、日本の冬の豊な日射や、夏の夜間の冷気などを大切に受け止めることを意図しています。 
 今回、「自然エネルギーを活かした外断熱高性能住宅」を岩手県下に提供して行こうとういものです。「家族と地球が長生きできる(寒冷地)発の地中熱利用住宅は、住まい方次第で暖房エネルギーはゼロになる」ことを温湿度測定でさらに実証してい行きます。 岩手県をはじめ寒冷地の気候に適合し、ヒートショックの防止による家族の安全・安心と自然エネルギーである地中熱(夏冬ともに15℃前後でほぼ一定)に着目した住宅を基礎部分への断熱工法や地熱を利用する冷暖房・空気換気システム の施工・販売していきます。効果健勝のため熱効率性のシュミレーション その効果により、一般の住宅に比べ、冷暖房ランニングコストの削減、CO2排出量15%以上削減の目標をめざしこれからも取組みに力を入れています。

★受賞した【外断熱の地熱住宅】に関する詳しい資料・カタログをご希望の方は、下記のフォームにご記入ください。後日、詳しい資料をお送りいたします。★

 


お名前
郵便番号 半角入力:例 012-3456
ご住所 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス 半角入力
コメント欄

地熱住宅が「経営革新」として岩手県から承認されました! 

 弊社は昭和49年創業で、一関市をはじめ近郊、東西南北を施工エリアとして住宅新築・リホームを中心に事業を展開しております。 
現代社会で問題となっているCO2削減やヒートショックによる死亡。
改善策は住宅に限りなくあります。
地球に優しい住宅をもっと身近に、実現化するために日々努力を重ねるしだいです。
我々の行動メッセージは少ないエネルギー(暖房)で全館暖房が可能になる→ヒートショック撲滅
その地熱利用とは、「夏の熱を冬に持ち越す」さらに「冬の冷熱を夏に持ち越す」自然エネルギーが必要なのです。これは、夏冬の寒暖の差が厳しいほど効果は高まると考えるものです。

実は、「経営革新」は、審査員の前でプレゼンがあるのです。
緊張の渦のなか→書類審査→プレゼンと進みます。

結果はすべてクリア!

うれしい!とはこの事です。写真の顔は、まだ緊張していますが・・・(笑) この取り組みが「経営革新」として岩手県から承認をいただきました。

2009100213310000.jpg

 

 

 

 


「経営革新」とはなにか?
良く分からない方にご説明↓↓
それは、丸已建設の事業計画(今後の歩み方)が適性なのかどうか?
その事を、「岩手県が審査し、判断します」と言うことです。

 

<詳しくはこちらをクリック>